2018/02/08

相場急落の最大の犠牲者を発見か?

のじは何気なくヤフーファイナンスを眺めていた。
 
 


△96.1%?


・・・△96.1%って半額になるんだっけ?ん、それって△50%だよな?


落ちてるー!


・・・下がったというより落ちた!!なにこれ富士急より怖えーよ!!!


この、世にも恐ろしい商品は「NEXT NOTES S&P500 VIX インバース ETN」という。米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズが算出する[S&P5000  VIX短期先物インバース日次指数]を対象にし、同指数はVIXと逆の値動きになるよう設計されており、VIXが1%下がればVIXインバース指数は1%上がるという仕組み。

・・・要するに、株式相場のボラティリティー(変動率)が小さいと上昇する上場投資証券(ETN)ってことですね。(ざっくり)

米株式相場の大幅下落を受けて「恐怖指数」と呼ばれる米S&P500種株価指数の変動性指数(VIX)が5日に急上昇。VIXと逆の値動きをする上場投資証券(ETN)はわずか1営業日で9割を超える価値が消失した。さらに、連動する指数が前の日の終値から20%を超えて下げ、繰り上げ償還の条件を満たしたため、早期償還を決めた。

つまりですね・・・今般の米株式相場が下落したせいでETNの価値が9割以上溶け、その溶けたまんまの状態で即座に償還されるということらしい・・・なんと無体な。

これ、用法、用量を正しく守ればいい商品なんかな・・・でも、今回の急落って、リーマンショックとかに比べたら大したことないでしょ?シミュレーションするなり、ちゃんと設計したんかな・・・しかも、敗者復活とかないんでしょ・・・1億円預けてたら4百万円になってお疲れ様でしたって返されて終わりってことでしょ・・・これ絶対ロクな商品じゃないだろ!

このETNって、ここ最近運用成績が良かったせいで(2017年には年間で2.7倍の上昇)、運用残高が約232億円まで膨らんでいたというからタチが悪い。

投資は自己責任っていうけどさ、商品を提供する側の責任もあると思うよ。効用に比べて副作用が100倍あるような商品は作らないでくれよ。

***
それでは、聖なるあなたのポチを願って。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿